2007年04月01日

【映画ネタバレ注意】ドラえもんのび太の新魔界大冒険

ドラえもんの映画を“1人で”見てきました。

LDで旧作をしっかり見た上で、2ちゃんなどで事前に情報収集をしてましたが、結論から言うと「叩かれているネット情報ほど酷いわけではない。」というのが第一の感想です。

まぁ、色々と言いたいこともありはしますが基本的な話の筋は名作と呼ばれた原作があるわけだし、基本設計は根本的にしっかりしていないはずがないんですよね。

むやみに新しさを求めるわけではありませんが、20年以上前の作品から進歩があるかと言えば自分には見出すことが出来ませんでした。これだけ時間が経っているのだからこれは少し寂しい。

旧作をLDで見ても古さを感じなかったし、今回の映画と比べても劣っていません。もう少し後発がもつアドバンテージを感じさせてくれてもいいんじゃないかなぁと。

どうたらこうたら言ってはみたけど、上映後に「楽しかった」という子供達を見ていると、20年以上前の旧作にしがみついて今の作品をボロクソにいうのもどうなのかな?と思ったりもした、今の子供達は確かに楽しんでいるんだからそれはそれでいいんじゃないのかと。

【言われていた程酷くは無いと思った所】
☆旧作と比べ、おどろおどろしさが感じられないという意見があったがそこまで旧作と比べて酷く魔界な雰囲気が損なわれているとまでは思わなかった。リアルタイムで旧作を見たとき小学生だった人も三十路だったりするわけで、そっちの要因の要因のほうが大きい気がする。

【良い所】
☆美夜子さんのキャラ掘り下げがなされ、ゲストキャラの比重は強い作品となる。映画ドラえもんの楽しみの一つである「6人目の仲間」は成立した。
☆美夜子さんとしずかちゃんの髪の長さについての描写は、旧作では接点があまりなかった2人の関係を表現した点で評価。表現も女性監督らしさが出ていた。
☆現実世界でも美夜子さんが存在、パラレルワールド間でも危機や災害などはリンクしていることが一応表現されている。
☆魔界レキテイを2分冊にして「ほんやくこんにゃく」との矛盾点を解消、その他では魔王の心臓のありかを知るあたりなど、いくつかの旧作での矛盾点などを解決している。

【嫌な所】
☆出来杉の大活躍場面?「世界一わかりやすい魔法の解説」がまるっきり削除される。
☆魔界大冒険なのに魔界を冒険してません、魔界星南極からはスパイ衛星で追跡、その後地中を掘って魔王の城まで行くため、「還らずの森」などの魔界冒険が削除。
☆要するに、美夜子さん関係での掘り下げの影響からか旧作の良い部分がかなりまるっきり削除されている。
☆現実世界の美夜子さんの存在があるのは良いが、冒頭のブラックホール云々は説明不測でこれならば蛇足にも感じる。
☆のび太と美夜子さんの別れのシーンはエンディング曲の中でのコマでのみの表現、別れの台詞はきちんと言わせて欲しかった。
☆ドラえもんのヒゲが風に揺らぎすぎ!
☆「エスパー魔美」のパロはオールド藤子ファンにとってはただの侮辱です、これならば冒頭ののび太の夢のシーンを作りましょう。「オシシ仮面」とかもあったけどこういう小物とかではなく骨太にオールドファンに受け入れられる作品つくりを心かげて欲しいです。
☆タレントの声優起用はなるべくやめて欲しい、久本雅美をだすのならば「ドラえもん・のび太と創価学会」作成する時にして欲しい。
posted by 江戸Word at 18:33| Comment(30) | TrackBack(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月31日

世界経済共同体党・花見会@新宿御苑

389957046_233s.jpg
今年も唯一神・又吉イエス(光雄)による花見会が実施されました!
ネ申に謁見できるってだけで笑いが止まりません!
( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \
( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \
( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \

ネ申は東京都の区議会選挙が終了次第、本格的に参議院選挙に向けて活動をされるそうなので東京都内に住所を持つ20歳以上の日本国籍を有する方は必ず選挙に行って「又吉光雄」と書いて投票するように!「又吉イエス」と書いても有効票で大丈夫らしいけど、個人的には確実に票になる記入をお願いしたいです。「唯一神・又吉イエス」とか書くと唯一神のところが余計であって無効票になるので要注意でお願いします。

東京都知事選不出馬については
「立候補には300万円の供託金が必要で、資金的な問題」
「石原都政に対する抗議での出馬はありえたが、単に右傾化の問題だけでは理由としてやや不十分」
との回答が得られました。

他には「唯一神・又吉イエスの世界経済共同体は右でも左でもなければ中道でもない。上を行くものだ。」との頼もしい発言もあったことを付け加えておきます。

「又吉イエスって何?」とおっしゃる方は下記リンク等を参照し熟知すべし。
http://mixi.jp/view_community.pl?id=8483

http://www.matayoshi.org/

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8F%88%E5%90%89%E3%82%A4%E3%82%A8%E3%82%B9
posted by 江戸Word at 17:32| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月30日

テレ朝大木アナ、ゴールデン初レギュラー

ついに大木ちゃんがゴールデン進出!
これは喜ぶべきなのだろうか?

個人的には知る人ぞ知るという感じが(・∀・)イイ!!と感じているだけに複雑、深夜枠のくりぃむナントカで見せていた破天荒な司会っぷりがゴールデンでも堪能できるかが若干不安。

深夜では面白かったバラエティ番組がゴールデン進出すると本来の面白さが損なわれていくというのはよくある話ですが、大木ちゃんの本来の味がゴールデンで損なわれないことを願っています。

つーか、ゴシップ誌の「女子アナランキング」とかではまるっきり圏外なはずの大木ちゃんはネット上では既にかなりの人気者な「数字に出ない力」を持っているだけにゴールデンでどのような方向性に動き出すのかが楽しみでも不安でもあったりします。

よく見ると(もしかしたらよく見ないでもだけど)物凄い美人と言うわけでもなければフジアナにありがちなアイドル性もないし、テレ東アナにありがちなフェロモン体質でもない。それでもそんな大木ちゃんに惹かれてしまう野郎どもが実はかなり多いことは事実。みんな考えることは一緒らしい。

名古屋のスカバンド「midnightPumpkin(ミッパン)」のトランペット・HARUちゃんもよく見りゃそんなに美人でもないはずなのに「カワイイ!」と思ってしまう。

元々はニューロティカやスカスカクラブ、チェンヂアップなどのおバカなパーティー男バンドをメインに参戦していたのが気がついてみればミッパンメインにライブ参戦を組み立てている自分がいるのだ、これもこれもはじめてミッパンというよりもむしろHARUちゃんを見てからだ。

そしてミクシィでも同じような事を考えてる野郎どもが思いのほか多いのだ。「ライブ中、やたら楽しそうに演奏する姿に惚れた。」だの「ライブ中の笑顔にハートを打ち抜かれた。」だの「ハルちゃん萌えw」だのそんな意見が見受けられるが、自分はそのような意見に対して言えることは「同じ事を考えてるんぢゃねぇヽ(`д´)ノ 」という言葉である。

ワタクシの正直な想いをのべることで今回の文章を終わらせようと思う。
「大木ちゃんが好きな男性諸君、いますぐ市川寛子でも堂真理子でもフジテレビ所属のアナでも誰でもいいから大木ちゃんから他に改宗しなさい。」
「HARUちゃんが好きな男性諸君、いますぐwakanaティンでもMAYAちゃんでも他のバンドの誰でもいいからHARUちゃんから他に改宗しなさい。」

我ながら独占欲丸出しでキモさも爆裂な日記だと感心w

【以下そのまま引用、これはニュースというより番宣です】
テレ朝大木アナ、ゴールデン初レギュラー
(日刊スポーツ - 03月30日 09:34)
 テレビ朝日の大木優紀アナウンサー(26)が、4月23日スタートのバラエティー番組「美味紳助(おいしんすけ)」(月曜午後7時)で島田紳助のアシスタントとしてゴールデンタイムに初レギュラー出演する。
 深夜放送「くりぃむナントカ」で、同期の前田有紀アナ(26)とアシスタントの座をかけた対決が人気を呼び、26日放送「最終決戦」は12・5%の高視聴率。互いをののしるマイクアピール対決で、大木アナは誕生直後にプレゼントされたクマの縫いぐるみ「プーちゃん」をターゲットにされた。前田アナから「汚いクマの縫いぐるみがないと眠れないくせに気持ち悪い」とののしられ、キャベツの千切り対決では「プーちゃんを千切りにしてろ」と言われた。大木アナは「プーちゃんには罪がないのに。前田アナには『プーちゃんぐらい信頼できるクマさんがいるのか』と言いたい」。
 大木アナも「うなじが濃いのを気にするうなじ女」と口撃したが、プライベートでは「私はあなたの彼氏じゃないかというぐらい、仲がいい」。食がテーマの「美味−」のアシスタントの自覚から、パーティードレスを着てグルメ行脚中だが、一緒に行くのは彼氏ではなく前田アナという。
 好感度もアップ中だが、悩みもある。祖母がかわいい孫の出演番組を録画し、アシスタントを務めた「題名のない音楽会21」は喜んでいた。しかし「くりぃむ−」で「天才バカボン」のハジメちゃんの扮装(ふんそう)やジャージー姿の対決に「優紀ちゃん、なぜこんなことをしているの」と嘆かれることがつらいといい「これ以上、おばあちゃんを傷つけないようにしたい」。切実な願いだった。
posted by 江戸Word at 23:49| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月28日

渋谷クアトロ、やば過ぎです

やばい

ゴルベティ、スネイルランプ、maegashira、けちゃマニ、リアルリーチ、チェンヂアップがクアトロに集結!

しかも夜勤明けノー睡眠でこんな激しくなるに決まっているライブに参戦でさらにやばい。

今回は各バンドさんの持ち時間が短めのせいもあり、客を休ませるような曲は使わずにパーティーチューンできたもんだからさらにやばい。

1発目のmaegashiraは初めて見るバンドさんだったけどそこそこは盛り上がっているし、オイラもスカダンスを後のことも考えずにかましてしまった、あらためてやばいライブになると予感。

2発目リアルリーチが演奏始めた時点からクアトロは非常事態宣言!やばいくらい激しい渦に会場が巻き込まれそれが今回主催者のゴルベティの演奏終了まで終わることはありませんでした。

3発目はけちゃマニ、ライブ見るのはちょっと久しぶり。
ヒロちゃんの衣装がやばかった、むしろドン引きしました。
何も知らない人がこの時にクアトロ入ればストリップショーでもやるんではないかと思うのではないでしょうか?
会場は既に逃げ場も殆ど無い状態で激しいモッシュの嵐がクアトロを覆いつくしております、半袖Tシャツ1枚でも暑く感じるのにエルモのきぐるみみたいな服を着ている猛者もいました。

4発目チェンヂアップ、千葉のアイドルからインチキアメリカ人に転身した模様(笑)。
相変わらずのパーティーチューンで会場をさらに暑くしてくれました、一緒にいたマイミクもチェンジアップを気に入ってくれて良かった♪
チェンジはイベント系に強い、とにかく良く知らない人でも曲を聞けば思わずパーティーしたくなる軽快で激しい空気を作る手腕は流石です。徹底的にくだらなくてばかばかしいMCもポイントです。

5発目スネイルランプは一段高いところで会場の激しさを眺めていました、チェンジですべてを出し尽くしてしまいこれ以上の戦いは冗談抜きで無理になってました。
スネイルランプのラスト曲演奏の時の会場の様子は、最後のアンコール曲ですべてを出し尽くすべく暴れている客で溢れかえっているようにしか見えませんでした、でも当然この後にゴルベティが控えているんです。やばい、やばいすぎる。

トリのゴルベティ!
もはやスカダンスする体力・気力もナッシングで後方で眺めていました、本気でもう足などが動かない状況でした。
とにかく肩車する人が雨後の筍のごとく湧き上がり物凄い光景でありました。

ライブ終了後はちょっとした理由から終電がピンチに!ギリで間に合って良かった…電話を無視すればよかったと銀座線のなかで終電間に合うかどうか本気でおびえておりました。

今後は筋肉痛がやばいことになりそうです(*´Д`)=3ハァ・・・
posted by 江戸Word at 01:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月22日

松下政経塾出身者はやはりカスしかいないな

兵庫県加西市の市長が職員採用試験で試験結果を無視し、合格者を自分で決めていた。確かに学科試験の点数だけで決めるのも問題ではあると思うがこんなのは問題外だ。

この市長が松下政経塾や大手ゼネコンなどの出身者ということを聞けば、このような振る舞いにも納得がいきますね。さすがは松下クオリティ、見事なまでに不良品を生産し日本国民にメイワクかけっぱなしです。

市長の言い分は「自分で作文や履歴書を見て合格者を決めた。いい人材を採りたいという強い思いがあった」だそうだが。こうした改ざんは虚偽公文書作成・同行使などに当たる可能性があるということだ、とっとと刑事告発されてもらいたいものだ。 それ以前にこんなやつ当選させんなよ。

公務員の採用については学力だけの判定ではいけないとしても一次試験で厳格な生き残りラインを定めてこのハードルを越えることすら出来ないものはコネすら使えず不合格というのが最も現実的かと思ってます。

「松下政経塾出身者を政治の世界に送り込んでいけない」この言葉を少しでも広めていきたく思います。
posted by 江戸Word at 18:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月09日

パパブブレ行ったり吉祥寺行ったり

そろそろホワイトデーなるものが近い
“義理”の数々にお返しの準備をしなければならないという見事にお菓子業界の策略に踊らされた風習ではありますが、ちゃんとお返しをするというのが自分の主義なのできちんと対応すべくこの週末になんとかしなくてはならないのです。

少し前に中野の「パパブブレ」で買いこんだキャンディーが残っているのでこれを有効利用することにすぐさま決定。ただこれだけでは若干足りなかったり、郵送を要する相手のために袋入りではなくビン入りのキャンディーが欲しかったりするので夜勤明けにパパブブレに向かうことにしました。

パパブブレ開店に少し時間があるとコーヒー飲んで休憩したのが見事なまでに仇となる、パパブブレ現地では開店前に人が並んでいたらしく開店と同時にかなり買いつくされてしまい、なんと10時半の開店なのに11時過ぎには在庫切れの閉店というとんでもない事態に・・・袋詰めのアメをいくつかとお徳用は入手できたもののビン入りは購入できず○| ̄|_

店員の方に聞いたところ、最近は開店前に並んでいる人だけで相当数の商品が売れてしまうとのことなので要注意です。

落胆しながらパパブブレを後にし中央線で吉祥寺へ、キャンディーの個数的に中途半端になっていることに中野駅へ向かう道のりでふと気がつく。買ってから気がつくあたりが計画性の無さを露呈。

元職の上司が今月いっぱいで退職するので、「小ざさ」の最中を購入するのが目的。しかしパパブブレでの誤算によりここでお返しの物を探すという目的も誕生してしまいました。

そんな吉祥寺では何故かステンレス製のフライパン(33センチ)を3500円で購入したり、パルコの服屋でベルトと靴下に2万近くカード切ったりしつつも石鹸・香水を扱う店からカルディやらカーニバルやらまで動き回った結果「まぁ、一応何とか形は取り繕えるかな?」という感じに落ち着いて安心しております(*´Д`*)

明日は秋葉原のヤマギワでダブルポイントデーなので音楽ギフトカードを活用してCDを買いに行きたいです、でも何を買いたいとか全然決まってません♪

【追記】
33センチのフライパンは少し大きすぎた・・・
餃子焼く時に蓋の大きさが足りない事態を招いたと帰宅後キッチンにて検証を行う際に気がつく・゚・(ノД`)・゚・。

30センチにしとけばよかったと後悔先に立たず、店にいるときには自宅キッチンの状況を正確に思い浮かべることが出来る人は凄いと思う。
posted by 江戸Word at 00:00| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月21日

セレブって言葉の意味がわかりません

叶恭子が書いた本「Love&Sex」の出版記念記者会見で妹でマネージャーの持ち逃げ騒動についてどーたらこーたらあったそうだが、そんなことよりも我が国ではこのような“似非セレブ”が蔓延していて困る。

本当にセレブな方が“美しくなるためのSEX”とかいう触れ込みの本出すか?ありえんだろ。みんな目を覚まして欲しい。

耐震強度の偽装と違い、乳房の偽装は別に誰かの生活が脅かされるもんじゃございませんがあんなモン見せるなと言いたい。

日本はなぜああいう本当に下品な連中が“セレブ”だかなんだかしらんがのさばる社会になってしまったのか?
つーか“セレブ”って言葉は“穢多”“非人”の現代的呼び名なのでしょうか?それならば合点がいきます。

あーもう最悪じゃ!
posted by 江戸Word at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月16日

とっさのひとこと・東京編

夜勤を終え、午前9時(33時)にタイムカード打刻。
普段通りの駅への道のり、入れ違いで夜勤ではない方とは道中会うことももちろんあります。すれ違いがちな上司な方が2名いるのだけど普段は時間差ですれ違うはずの2人がタテに並んでいる状態であいさつのタイミングに若干戸惑う。

その現場では丁度工事中、すでに防護用の鉄板も打ち付けられている。そうやってちょっとだけ動揺している時に突然この工事現場にいる警備員が「少々お待ちいただけますか?」と割と丁寧に言ってきた。工事用のトラックがバックで現場に入るために歩行者を止める必要がある、その第一号に私を選んだのだ。

しかし、私は自分でも意外な行動を取ったのである。

「お断りします。」丁重にそう言い、さっと歩道を突き進んだ。警備員の方も意外だったのかちょいと苦笑している笑い声が聞こえた。 言った後で「しまった」と思い、気まずくなりつつもそそくさと駅へと歩みをはやめる事しか出来ることは他に存在しない状態であった。

なぜ「お断りします」などと“とっさの一言”が出たのか、その心当たりは後になって気がついた。
夜勤をしている関係で出勤のたびにキャバクラかなんかのお兄さんから「どーですか?」と声をかけられ、道端に佇んでいるお姉さんからは「マサージィイカガ?キモチーヨ」と声をかけられる毎日を送っているために、とっさに無視してさらにその場を立ち去るクセがついているのではないかと。

最後に今朝の出来事について一言を。
法律的に警備員には人を強制的に交通整理する権限はありません、あくまでお願いしているだけです。
その「お願いを」拒否しただけの出来事ですが、何かを拒否する時や苦情申告のときこそ丁重な対応が重要かと思われます。

みなさんも「とっさの一言に」は気をつけましょう。
posted by 江戸Word at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月14日

バレンタインデーライブ

夜勤から帰宅後、11時前だが睡眠薬を飲んですぐ布団へ。
普通のシフトで働いている人ならばまだ午後8時位の時刻に相当するのだからまともにやっては眠れるはずもない、なので薬に頼るしかない。

目覚ましがなる前に起きる、この時点で15時過ぎ。睡眠時間は6時間弱。薬のせいで口の中に苦い味が広がっている、水分を含むと喉を通るたびに苦味が味わえるのが厄介だ。

こんなことまでしてミッパンライブに向かう、ある意味で自分はキ○ガイと言われても仕方ないかもしれない。この際キ○ガイでも構わない、ハルちゃんの笑顔が見れれば(ナヌ?)それで良いのだと思い出陣だ。

先日、パパブブレでアメを買ったので期間限定のチョコ味キャンディーなどをミッパンに渡すという極めて崇高な目的が今回のライブにはある。さらに先日のカラオケで誕生日近い知人にネタで用意したペロペロキャンディー(大)もミッパンへの贈答品として持ち込んだぞ。

ライブはやはり人が増えたなと思う、2年前のように人がいない過ぎでノルことが出来なかった事が懐かしい。程々の人数でステージの動き(ボーカルやパート外時のハルちゃん)にあわせて踊る楽しさは格別なのだがそれが思うように出来ないのが残念。「BOYS&GIRLS」や「Timelimit」の以前のノリ方が消滅というか元々知らない人の方が会場に多いのかもしれない、非常に淋しい。特に「BOYS&GIRLS」は以前のノリ方が本当に楽しいんだ!でもこれを無理矢理やろうとしても人が多いため充分なスペースが無くて悲しい、悲しすぎる。

ライブの後で物販にてアメを渡そうとするが人が殺到していて中々渡すことも出来ない、売り子のシンヤ君はあまりにも忙しそうでとても話し掛けられない。
ヒロキ君と目が合った、「久しぶりですね」とヒロキ君。
「千葉LOOK以来・・・」と言い、アメを渡そうとしたらヒロキ君も物販業務に次の瞬間駆り出されてしまう。
物販から少し離れた場所でアヤタロウさんとハルちゃんがお客さんのおなごと会話している、もはやここしかチャンスは無いと「アヤさんかハルさんどっちでもいいから」と呼びかけアヤタロウさんにアメを渡すことにようやく成功した。
たかがアメを渡すだけでこんなに苦労するってどーゆー事だろうかと思う。

その後、ハルちゃんともちょっとだけ話した、「アメ渡したから食べて」程度だけど。ところで、アメを渡す直前におなごと話していたハルちゃんは泣いていた、感極まっていた涙の模様。ハルちゃんは笑顔でなくてもやはりカワイイw
最近のハルちゃんの髪型は、左右で色を変えているぱっつん髪です。でも本当は黒のショートカットが一番可愛いと思っているのは自分だけでしょうか?

その後、出待ちを狙うが中々出てこないので仕事に遅刻するわけにも行かず道玄坂のホテル街を突き抜け渋谷駅まで移動、職場に向かうべく電車にのる。

そんなこんなでワタクシめのバレンタインデーは終わりを告げた。
posted by 江戸Word at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

貯古齢土

資本主義の思いつき、菓子メーカーの策略に躍らせれるヴァカどもの祭典の日でございます。

はい、ワタクシめもヴァカの一因であります。「自分用の」パパブブレのバレンタインデー期間限定チョコレート味キャンディー買いましたし、今日のミッパンライブにもパパブブレのアメ持って行きますから思いっきり踊らされているかもしれません。

いつか、2月14日を祭日に定めて道を行くカップルどもを溶けたチョコレートのプールに放り投げてチョコフォンデュにする祭りが伝統行事または神事として行われる社会の実現を夢見ております。勿論、バカップルが窒息死してもそれは祭りの中での“不幸な事故死”、諏訪大社の御柱祭で御柱の下敷きになって死傷した場合と同じです。社会のゴミたるバカップルをチョコに放り投げた人が殺人の罪に問われることはありません。

日本初のチョコレート広告に使われた漢字が「貯古齢土」だそうです、TBSの放送でそう言っていたので70%くらいの信憑性でしょうか?
posted by 江戸Word at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
過去ログ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。