2006年05月31日

日本vsドイツ2−2でドロー

マスコミやサポーターはドイツに善戦したと大はしゃぎのようだ
「ベスト4いける!」だとか「ドイツと決勝で今度こそ勝つ!」だのと
非常にみなさん前向きなポジティブシンキングでいらっしゃられます

たかが練習試合であることを忘れていないだろうか?

残り少ない時間でセットプレーから2点追いつかれたことが本来の実力差だと考える人は他にいないのでしょうか?

そんなことよりもたかが練習試合で加地が負傷したって事の方が重要な問題ではないでしょうか?
このことはTVでもさらっとやる程度にしか報道されていません。代表生き残りをかけた試合で村井がワールドカップどころか今シーズンまでダメにしてしまったこと、田中誠も練習中の故障で帰国・・・はたしてこれだけで済んでくれるのかが日本の順位などよりもよっぽど関心があります。
posted by 江戸Word at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月28日

姫野カオルコという人の思考こそ真の乙女心かもしれない

ちょいと本棚整理しているとなんとなく手にした本を読み耽ってしまうことってありがち。
そんなありがちな行為ですが、男性がこの人の本読むのって案外めずらしいのかな?姫野カオルコの作品を久々に読んでしまいました。

姫野カオルコって何?という人もいるかもしれないのでエッセイ「初体験物語」の中からちょいと引用を。

(スウェーデン旅行流に現地女性から「ここにはカレときたの?」と聞かれ)
「あのね、日本の男は女に対して“お母さん”しか求めないの。セックス付きお母さん。(中略)すべてに安全と自己保身を求める、情緒的で依頼心ばかり強くて、一人では食べることも洗濯することもできない、つまり自立できなくて精力を欠いて弱々しい女らしい男ばかりなの!」
とこのような怒りの演説を北欧の方にしてみたり

「あなたの健康と幸せをお祈りさせてください」と言う人に
「なぜ私の方式(道行く人の背中を見つめて『幸せになってね』とテレパシーを送る)
で祈らないのですか?」
と質問したり

まぁ、とにかく乙女魂を感じさせる文章満載なのです。
エッセイの方なら読みやすいかと思うので自身のおとめちっく指数に自身のある殿方は一度読んでみるのもいいかも。

男女問わずドラマや雑誌などではどこをみても恋愛&セックス至上主義的な風潮が蔓延している日本社会に嫌になっているむきにはきっと、姫野カオルコのエッセイから放たれる毒が清涼感をもたらす良薬になることでしょう。

ツ、イ、ラ、クツ、イ、ラ、ク
販売元 : Amazon.co.jp 本
価格 :
[タイトル] ツ、イ、ラ、ク
[著者] 姫野 カオルコ
[種類] 単行本
[発売日] 2003-10
[出版社] 角川書店

>>Seesaa ショッピングで買う


posted by 江戸Word at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月26日

今年初の株主総会参加

仕事終わってそのまま品川に移動、オーエムシーカードの株主総会に参加してきました。受付で1000円分の図書カードGET!大体1時間くらいで総会終了したので丁度よい小遣い稼ぎにはなりました。

一部上場で業績を上げている会社でも総会に人っていないもんなんですね、去年ワタミやエイベックスの総会いったんですがどちらも人一杯でした。
まぁ、ワタミとエイベックスの総会には人が多いゆえに既知概な方が結構積極的に質問したもんで中々総会が終わらないとかあったから人少ないくらいが望ましいですね。この2社の総会は今年も基地外の見本市がお目にかかれるやもしれません。

総会の後ではコロワイドの優待券使って、北海道品川店のランチを食べてから帰宅しました。
posted by 江戸Word at 21:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月24日

ださい その2

かの有名な「代々木アニメーション学院」が、入学を取りやめた場合には学費を全額返還するかのように雑誌広告や募集要項に表示してあったそうで、そのようなインチキくさい表示をかましたことが景品表示法違反(有利誤認)に当たるということで公正取引委員会にお叱りを受けたそうです。

これもださい
posted by 江戸Word at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ださい(杉村太蔵がブログパクリ)

杉村タイゾーよ、ブログに古文の吉野の本の内容パクるな、ださい。

雪山に凍死したかったと書いてあったが、この際その文章はパクリでも自殺を実行すれば国民は皆きっと納得してくれるはずだ。
本当に自殺したいなら苦痛が少なく、できるだけ他人様にメイワクかけない方法はちょっと考えれば思いつくなり発見できると思うので(私は既に自殺するならこの方法がベストと思える方法を見つけました)、もうあの放送コード限界の不細工な厚化粧妖怪と心中してください、御国のためによろしくお願い申し上げます。
posted by 江戸Word at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月23日

そういえば小さい頃は童話作家にあこがれていた

童話作家の寺村輝夫さんが亡くなられたことをネットニュースで知りました。
多くのブログでも「僕は王さま」シリーズなどの思い出などを語り故人を悼む声が聞こえています。

寺村さんが以前講師をしていた大学の公開講座に参加した事があり、自分のことを名前で呼んでもらえたことのある数少ない著名人でした。
我侭だけど憎めない「王さま」、実際に会って話を聞いた寺村さんの印象はまさにそれでした。「王さま」はあの方の分身なんだとその時に感じました。

講座での印象的な思い出を話します。
童話作家であるため、(大抵は先生の号令の下でしょうけど)小学校か幼稚園などのクラス単位でまとめて本の感想文を送られてくる事が多かった寺村さん。そんな寺村さんが「ガッカリする」という感想文は『(物語の登場人物が)やさしい。・・・がやさしい。』とクラスまとめてそんな内容の感想文が来る時だとのこと「“やさしいクラス”になっちゃってるんだね(「させられてる」だったかも)」と言い受講生には「このような感想文しか書かれないような内容の物は書くことを目指してはいけない」とおっしゃいました。

次に、寺村さんは理想的(?)な感想文を読み上げてくれました。
その内容は今でも強烈なインパクトが残っています。

「寺村さんお元気ですか?
僕は元気ピンピンです
僕は女の子にモテまくってます
モテまくっているので寺村さんに僕の彼女をひとりくれます
彼女をくれますで彼女の家に行ってください」

“作品については何も書かれていない”感想文ですがこれを寺村さんは大絶賛(笑)
「彼女をくれてやると言いながら、彼女の家に行けという。俺の所には来るなというのだからこいつは責任を負わないという事だ、実に素晴らしい。」
と言い、「こういう感想文を書いてもらえる事を目指してもらいたい」と講座の時に仰っていたのが思い出に残っています。この感想文書いた男児も少なくとも15歳くらいになっているはずですがどんな人になっているのだろう?

最後になりますが寺村輝夫さん、わずかな時間でしたが人生の中であなたと接点が持てて良かったです。ご冥福をお祈りいたします。

ぼくは王さまぼくは王さま
販売元 : Amazon.co.jp 本
価格 :
[タイトル] ぼくは王さま
[著者] 和田 誠寺村 輝夫
[種類] 単行本
[発売日] 2000-01
[出版社] 理論社

>>Seesaa ショッピングで買う



王さまばんざい―おしゃべりなたまごやき王さまばんざい―おしゃべりなたまごやき
販売元 : Amazon.co.jp 本
価格 :
[タイトル] 王さまばんざい―おしゃべりなたまごやき
[著者] 寺村 輝夫和歌山 静子
[種類] 新書
[発売日] 1982-03
[出版社] 理論..
>>Seesaa ショッピングで買う

posted by 江戸Word at 17:45| Comment(1) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月22日

代々木のめじろにいきました

代々木のラーメン店「めじろ」に仕事の前に行ってきました。
この日の限定メニューは「あつもり」。やはり他店で見かけるようなつけめんのあつもりとは全然違う視点で作られた味を楽しんできました。

普段は川崎店で店長やってるユウタ君が月曜の夜だけ代々木にいます。
そんなユウタ君が「最近、疲れたとか思うと本当に疲れてくる。まだまだいける、大丈夫と言ってみる事で本当に何とかなってくると最近感じた。」との事。
若いのに立派な事言うよなーと感心、自分なんかいつでも「ダメダメです」としか口を開けば言わないもんだから恥ずかしいこってす。
posted by 江戸Word at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月17日

福岡vs東京(2016年夏季五輪)

とりあえず福岡頑張れ

理由1:関東人なので都内で五輪あるとマラソンでの交通規制とか色々ウザくなりそう

理由2:“スーパー国賊”石原一族が大嫌いだから
posted by 江戸Word at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月15日

サッカードイツW杯メンバー発表したので日本のW杯予想発表

ドイツワールドカップに日本代表として向かう23人が発表されました。

久保が外れて巻が選ばれたりしましたが、案外予想通りの人選だったような気がしますね。

ワールドカップの日本代表の予想は
1次リーグ3戦全敗
理由:NHKのワールドカップテーマソングがオレンジレンジだから

以上です

追伸:小笠原とか柳沢いらんから松井や寿人使おうよ・・・・・
posted by 江戸Word at 14:47| Comment(2) | TrackBack(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月14日

笑点40周年だが祝な気分にはなれない

ついに円楽師匠が番組を卒業

歌丸師匠にはやはり回答席にいて欲しいという思いもあるし、さみしいとしか言いようがありません。

番組の最後にニュースをねじ込むとか、つまらなすぎの創価枠長井秀和の登場など不満点も多々ある番組構成でしたが円楽師匠の最後の笑点での姿はきっちり拝ませて貰いました。

年齢的なものもありますが回復していただき、寄席に人情話聞かせて欲しいです、円楽師匠の生落語は恥ずかしながら聞いたこと無いんですよね。



     /、 |l|l l|l| / ゙ヽ、_
    /  、ヾヾ川川 //  ヽ
   / ミン゙        ヾニ ヽ
   /;;::           :::;;;;  |
  /彡:           :ミニ l
  | 彡,.三ニ=、  ,.=ニ三、 :ミ三 |
  ヽ /シ.-ー .;  :.. ー-,ッ ヾ ,.l
    i   ̄ _{  }__  ̄   Y l
    ヽ  ,.`-、_,-‐'ヽ、  / } 〉
    i`‐'/ ,=ニニ=、 ー  i_/
     i i <‐l‐l‐l‐l‐> ;  |
     ヽヽ `ニニニ' /  /
      ヾ、_`  ´ ノ_,/  
posted by 江戸Word at 19:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
過去ログ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。