2007年02月14日

バレンタインデーライブ

夜勤から帰宅後、11時前だが睡眠薬を飲んですぐ布団へ。
普通のシフトで働いている人ならばまだ午後8時位の時刻に相当するのだからまともにやっては眠れるはずもない、なので薬に頼るしかない。

目覚ましがなる前に起きる、この時点で15時過ぎ。睡眠時間は6時間弱。薬のせいで口の中に苦い味が広がっている、水分を含むと喉を通るたびに苦味が味わえるのが厄介だ。

こんなことまでしてミッパンライブに向かう、ある意味で自分はキ○ガイと言われても仕方ないかもしれない。この際キ○ガイでも構わない、ハルちゃんの笑顔が見れれば(ナヌ?)それで良いのだと思い出陣だ。

先日、パパブブレでアメを買ったので期間限定のチョコ味キャンディーなどをミッパンに渡すという極めて崇高な目的が今回のライブにはある。さらに先日のカラオケで誕生日近い知人にネタで用意したペロペロキャンディー(大)もミッパンへの贈答品として持ち込んだぞ。

ライブはやはり人が増えたなと思う、2年前のように人がいない過ぎでノルことが出来なかった事が懐かしい。程々の人数でステージの動き(ボーカルやパート外時のハルちゃん)にあわせて踊る楽しさは格別なのだがそれが思うように出来ないのが残念。「BOYS&GIRLS」や「Timelimit」の以前のノリ方が消滅というか元々知らない人の方が会場に多いのかもしれない、非常に淋しい。特に「BOYS&GIRLS」は以前のノリ方が本当に楽しいんだ!でもこれを無理矢理やろうとしても人が多いため充分なスペースが無くて悲しい、悲しすぎる。

ライブの後で物販にてアメを渡そうとするが人が殺到していて中々渡すことも出来ない、売り子のシンヤ君はあまりにも忙しそうでとても話し掛けられない。
ヒロキ君と目が合った、「久しぶりですね」とヒロキ君。
「千葉LOOK以来・・・」と言い、アメを渡そうとしたらヒロキ君も物販業務に次の瞬間駆り出されてしまう。
物販から少し離れた場所でアヤタロウさんとハルちゃんがお客さんのおなごと会話している、もはやここしかチャンスは無いと「アヤさんかハルさんどっちでもいいから」と呼びかけアヤタロウさんにアメを渡すことにようやく成功した。
たかがアメを渡すだけでこんなに苦労するってどーゆー事だろうかと思う。

その後、ハルちゃんともちょっとだけ話した、「アメ渡したから食べて」程度だけど。ところで、アメを渡す直前におなごと話していたハルちゃんは泣いていた、感極まっていた涙の模様。ハルちゃんは笑顔でなくてもやはりカワイイw
最近のハルちゃんの髪型は、左右で色を変えているぱっつん髪です。でも本当は黒のショートカットが一番可愛いと思っているのは自分だけでしょうか?

その後、出待ちを狙うが中々出てこないので仕事に遅刻するわけにも行かず道玄坂のホテル街を突き抜け渋谷駅まで移動、職場に向かうべく電車にのる。

そんなこんなでワタクシめのバレンタインデーは終わりを告げた。
posted by 江戸Word at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

貯古齢土

資本主義の思いつき、菓子メーカーの策略に躍らせれるヴァカどもの祭典の日でございます。

はい、ワタクシめもヴァカの一因であります。「自分用の」パパブブレのバレンタインデー期間限定チョコレート味キャンディー買いましたし、今日のミッパンライブにもパパブブレのアメ持って行きますから思いっきり踊らされているかもしれません。

いつか、2月14日を祭日に定めて道を行くカップルどもを溶けたチョコレートのプールに放り投げてチョコフォンデュにする祭りが伝統行事または神事として行われる社会の実現を夢見ております。勿論、バカップルが窒息死してもそれは祭りの中での“不幸な事故死”、諏訪大社の御柱祭で御柱の下敷きになって死傷した場合と同じです。社会のゴミたるバカップルをチョコに放り投げた人が殺人の罪に問われることはありません。

日本初のチョコレート広告に使われた漢字が「貯古齢土」だそうです、TBSの放送でそう言っていたので70%くらいの信憑性でしょうか?
posted by 江戸Word at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
過去ログ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。