2006年08月18日

渋谷O-Crest、5階にあるのに階段移動

カラオケの第一興商主催イベントのライブが渋谷O-Crestでありましたとさ。
O-Crestは初めてだったんですが場所はEastのある建物の5階、それなのにエレベーターには「スタッフ専用」との無常の張り紙・・・階段上りきるだけで体感気温が大幅UP↑で気分はダウン↓

会場入りした時にはすでに1番手バンドのピーチジャムが残り2曲の状態に・・・
昨年、名古屋でのライブを「オイラの分までいきなり勝手に」ミッパン側にチケの取り置きしてくれた恐ろしい男が最近かなりはまっているらしいバンド、いかにも奴のストライクゾーンに入っている感じがした。

4番手がゴルベティ、準備の段階ですでに次がゴルと感づいている人が前に押し寄せてきた。次のミッパンでも準備段階ではそこまで人が押し寄せているわけでなかったんで名古屋発バンドの中でゴルが現時点で相当勢いがあるとオモタ。

ボーカルの女性に関してはライブ中にあれだけ客席を支配できる能力は本当に「お笑い芸人」になっていても良かったんではないか、素材としては結構興味深い人材だったとマジで思う。

んで、次はお目当てのミッパン(midnightPumpkin)
去る14日、名古屋でのライブを最後にトロンボーン担当のミポリン卒業。告知もその1週間前と言うこともありさすがに仕事の休みを取ることも出来ずに現地に赴くのことは出来ず。ある意味では自分にとってのミポリン卒業(を受け止める)ライブと言えるわけであります。

んで結論「ライブの後で日記書いている今でも受け止められてないかも(汗」。いないというのがイマイチ実感わかない、あえて言うならば7人での初ライブということで若干ステージで演奏中に違和感を感じた事とか「HEARTBREAKER」は当分ライブでやらないかもなと思ってみたりしたと言うことくらい。
あとはホーン隊が4人から3人になった影響かはるちゃんの基本ポジションが客席から見て右サイドからボーカルの背後のトップ下的な位置に変更されていた気がした、とはいえ元々ボーカルとホーン隊はステージ動き回るからあまり関係ないかもしれない。

ライブ後に物販へ、やはり売り子はおなじみはるちゃんである、「NAGOYA」と書かれている青いタオルを肩にかけていたけど何のタオルだったのだろう?中日ドラゴンズのタオルだろうか?んで、オイラは「midnightPumpkin」と書かれた青いタオルを購入。はるちゃんに「いつもありがとうございます☆」と言われた。とりあえず☆はこちらで勝手につけたので誤解の無きようお願い申し上げます。

いい年こいて、夜勤明けでそのまま寝ないでのライブ。
正社員な仕事も結婚もおぼつかないわけだし親も泣くわけだ、でもライブは多分やめない。なぜなら「俺達いつでもロックバカ!」であるからだ
posted by 江戸Word at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ライブ・音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/22547599

この記事へのトラックバック
過去ログ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。