2007年01月19日

中央線「中央特快」は吉祥寺はスルー

夜勤明け、吉祥寺にコートを取りに行く。

乗った電車は中央特快、吉祥寺駅はもちろん通過して次の三鷹駅で停車。

悔しいので三鷹から歩いてみることにした。

吉祥寺や三鷹周辺は主要道路がJRの線路と平行ではない、故に最短距離が取れないのだ。これも悔しいので出来る限りJR高架沿いを進んだ上で井の頭通りに出るべく住宅街に進入を試みる。

武蔵野市は菅直人のお膝元であり、基本的には革新系が強い街でありさらに大学進学率も高いと吉祥寺のとんかつ店「扇」店主が言っていた。が!どうして「(悪事の)働き者代表」と書かれた政党ポスターが思いの他目に付いたのはどういうことだ!

住宅地を歩く中で菅直人の特大ポスターを貼り付けた家を発見、かなり良い家だ、金持ちそうだが高い塀があるわけでもない家だな…などと思いつつ表札に目が入ったら「菅」の一文字!

多分、菅直人の家です。確率的には90%くらいはあると思います。偶然有名人の家を発見したのは7年ぶりです。

三鷹から吉祥寺まで歩くのは思ったより楽でした。

[タイトル] 中央線―カルチャー魔境の歩き方
[著者]
[種類] 単行本
[発売日] 2004-03
[出版社] メディアファクトリー

posted by 江戸Word at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/31739032

この記事へのトラックバック
過去ログ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。