2005年08月21日

SOMETHING(サムシング)

かかりつけの接骨院ではオルゴール調の音楽が流れています、音によるリラックス効果を得るためにしているそうです。いくら癒し系とはいえ一度オレンジレンジの曲がオルゴール調で流れたのを聞いたのは自分としては精神的ダメージでしたけど。
この前行ったときに流れていたのがサムシングのオルゴール調でした、やはり名曲。
サムシングを知らない人のために説明すると、ビートルズの後期の作品でシングルで発売された曲では唯一ジョージ・ハリスンが作った曲なのです。
フランク・シナトラをして「最高のラブソング」を言わしめた曲なのでこれを知らないという人は人生で少なくとも4分の1は損してることは確実なので一度聞きましょう、急いでビートルズの青盤ゲットすべしです。
ジョージの書くラブソングの歌詞は単に「好きだ、愛している」とかではなくてひねりがあると言いますか、想いがありながらも奥ゆかしさを感じられる結構日本人の美意識にも通ずる部分があるのではと思ってしまいます。
ジョージが来日した時のライブCDも見つけ次第購入すべきマストアイテム、これも聞かないで生涯を終えるのは大損ですのでご注意ください。
posted by 江戸Word at 06:42| Comment(2) | TrackBack(0) | ライブ・音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
Posted by ホカマヒロキ at 2005年08月22日 16:03
↑は言葉も出ないほどジョージがすきなんですか?
Posted by マンチョ男 at 2005年08月22日 22:51
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
過去ログ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。