2005年10月31日

2ヶ月連続で名古屋アポロシアター上陸じゃあ!

9月2日に続いて10月31日ハロウィンに名古屋アポロシアターにライブ見に行くなんてチャット仲間に拉致された時には予想もしていない事態になってしまったなぁと。

とりあえずアポロシアター人大杉、登場バンドは3つのうち1つが入れ変わっただけなのに人口密度が9月の時よりも圧倒的に多い!いやー凄かった、名古屋はギャルバン、スカの聖地みたく一部では言われてるみたいだけど名古屋でのライブって本当に熱いのね。

とにかく人口密度が高すぎてまともにスカダンスとか出来るような状況ではありませんでした。一番手バンドのムラマサ登場時のバービーガールが流れた時で物販でミッパンタオル(800円)を購入した直後だったりしたもんだから上の段で眺めることに、前の方にいける状況では無かったから。

二番手けちゃっぷmania、本日の主催バンドmidnightPumpkinが名古屋が地元なもんだから予想通りバンドの交代時に後ろに下がるお客さんが少なくてどんどん人口密度が高くなる状況、すげー酸欠で暑くて熱い客席でありました。名古屋が地盤と言えば民主党議員河村たかしだけど、名古屋の人って同郷の人に優しい土地柄なのでしょうか?
posted by 江戸Word at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ライブ・音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
過去ログ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。