2006年09月30日

第11回天下一舞踏会@高田馬場クラブフェイズ

スカバンド舞丹旅が主催する徹底的にスカダンス野郎のための企画「天下一舞踏会」に行ってまいりました!

今回は舞丹旅がCD「パレット」のレコ発ツアーファイナルでもあるライブ、当然フェイズにはたくさんの人。夕暮れダッシュ(会場内で左右に小走り)がかませるかが不安になってくる。

最初に出てきたバンドはCUTIE P ⊃・・阿縫船Д鵐促▲奪廚寮虱妝味錬錬縫薀ぅ屬埜・燭箸O瞥茵・修了・魯船Д鵐造離戞璽轡好函Γ咤稗錬唯腺里気鵑・・里任・劼気鵑法屮戞璽垢肪輒椶靴董廚噺世辰討い燭里・・歸・⊆尊櫂戞璽轡好箸覆里貌阿・阿・・廖垢妨・討發笋辰僂蠧阿C呂茲蠏磴靴・覆辰討い覦・檗・丱鵐票・里發・覆蠕・垢靴討襪隼廚い泙靴燭勝▲・ぅ蕕浪山擇涼亮韻箸・修ΔいΔ里舛辰箸發錣・鵑覆い韻匹諭紛貍弌法」

やっぱり低空祭りとなったオルアバとダラックスライブ!
オルアバ聞けば誰も彼もが“SKA PEOPLE”!踊っちゃって下さい!低空かましちゃって下さい!あー楽しい♪
MCではワンマンやるときのゲスト名ゆっちゃった後で「○○○来ないから!」という場面もあったりしながら終始盛り上がりのステージ。

欧州帰りのダラックスはビリージョエルのカヴァーが印象的、むしろその印象ばかりが強すぎでそれしか覚えていない(苦笑)。
イントロからホーン隊が名曲「HONESTY」とわかる演奏っすよ!?
一瞬ライブハウスからジャズバーにいるかのやうな錯覚を・・・なーんて言うと言い過ぎかもだけど実に良かった♪

主催バンド、舞丹旅登場前にはスクリーンに「夕暮れ」のPVが映し出されましたがそれを見て早速フライング気味に軽く踊りだしたり微妙に夕暮れダッシュをする人たちも・・・ってそれ自分やん(爆)!
PVで会場ボルテージも上がっているなかで舞丹旅登場!!
とにかく楽しんできた!
アンコールでもちろんの「夕暮れ」!
夕暮れダッシュでは前方の転倒に巻き込まれて多重クラッシュ巻き込まれた!
そしてライブが終われば家が遠いので急いで駅へ!ライブの余韻を持ったまま帰宅するのでした。

【途中の文字化けは後日再編集予定】

パレットパレット
販売元 : Amazon.co.jp 音楽
価格 :
[タイトル] パレット
[アーティスト] 舞丹旅
[レーベル] インディペンデントレーベル
[種類] CD

>>Seesaa ショッピングで買う

posted by 江戸Word at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ライブ・音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月04日

青いタオルにはるぴょりんサイン

貰いました♪
06-09-05_21-48.jpg
渋谷AXで久々に人の多すぎを気にしないで踊ってステージも見れるミッパンライブを見ましたぞd(゚д゚*)

ライブ終了後、物販ではおなじみのTP担当のHARUちゃんから先月購入の青タオルにサインを貰いました♪

はるちゃんは中日ファンであることが判明!かなりのファンである模様、今年は阪神に差がついているので「今年は安心していられる」そうです。やっぱりこういうところで名古屋の人だなって思えますね。
posted by 江戸Word at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ライブ・音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月30日

名曲”BOYS&GIRLS”ついに発売!!

という素晴らしい情報がミッパンのメルマガから配信されましたぁ(人´∀`)
ライブでは以前はラストの曲に使われる事も多く、個人的にも好きな曲の上に、デモやオムニバスなど含めて音源が無かっただけに嬉しいですねー

楽曲解説には↓のように書かれていましたぞ☆
【男の子も女の子もみんな、昔は小さな子どもだった。大人になっていくことで忘れてしまう、あの頃の無邪気な笑顔や純粋なキモチ、トキメキをいつまでも忘れないで持ち続けてほしい、という想いを込めた曲です☆】

何かミッパンの宣伝みたいな日記だな(苦笑)
posted by 江戸Word at 22:02| Comment(0) | TrackBack(0) | ライブ・音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月18日

渋谷O-Crest、5階にあるのに階段移動

カラオケの第一興商主催イベントのライブが渋谷O-Crestでありましたとさ。
O-Crestは初めてだったんですが場所はEastのある建物の5階、それなのにエレベーターには「スタッフ専用」との無常の張り紙・・・階段上りきるだけで体感気温が大幅UP↑で気分はダウン↓

会場入りした時にはすでに1番手バンドのピーチジャムが残り2曲の状態に・・・
昨年、名古屋でのライブを「オイラの分までいきなり勝手に」ミッパン側にチケの取り置きしてくれた恐ろしい男が最近かなりはまっているらしいバンド、いかにも奴のストライクゾーンに入っている感じがした。

4番手がゴルベティ、準備の段階ですでに次がゴルと感づいている人が前に押し寄せてきた。次のミッパンでも準備段階ではそこまで人が押し寄せているわけでなかったんで名古屋発バンドの中でゴルが現時点で相当勢いがあるとオモタ。

ボーカルの女性に関してはライブ中にあれだけ客席を支配できる能力は本当に「お笑い芸人」になっていても良かったんではないか、素材としては結構興味深い人材だったとマジで思う。

んで、次はお目当てのミッパン(midnightPumpkin)
去る14日、名古屋でのライブを最後にトロンボーン担当のミポリン卒業。告知もその1週間前と言うこともありさすがに仕事の休みを取ることも出来ずに現地に赴くのことは出来ず。ある意味では自分にとってのミポリン卒業(を受け止める)ライブと言えるわけであります。

んで結論「ライブの後で日記書いている今でも受け止められてないかも(汗」。いないというのがイマイチ実感わかない、あえて言うならば7人での初ライブということで若干ステージで演奏中に違和感を感じた事とか「HEARTBREAKER」は当分ライブでやらないかもなと思ってみたりしたと言うことくらい。
あとはホーン隊が4人から3人になった影響かはるちゃんの基本ポジションが客席から見て右サイドからボーカルの背後のトップ下的な位置に変更されていた気がした、とはいえ元々ボーカルとホーン隊はステージ動き回るからあまり関係ないかもしれない。

ライブ後に物販へ、やはり売り子はおなじみはるちゃんである、「NAGOYA」と書かれている青いタオルを肩にかけていたけど何のタオルだったのだろう?中日ドラゴンズのタオルだろうか?んで、オイラは「midnightPumpkin」と書かれた青いタオルを購入。はるちゃんに「いつもありがとうございます☆」と言われた。とりあえず☆はこちらで勝手につけたので誤解の無きようお願い申し上げます。

いい年こいて、夜勤明けでそのまま寝ないでのライブ。
正社員な仕事も結婚もおぼつかないわけだし親も泣くわけだ、でもライブは多分やめない。なぜなら「俺達いつでもロックバカ!」であるからだ
posted by 江戸Word at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ライブ・音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月07日

midnightPumpkinのトロンボーンMipo卒業

midnightPumpkin公式HPにトロンボーンのミポリンが14日のライブを最後にミッパンを卒業するとありました。

18日のライブのチケ買ってるし、ちょいと14日に名古屋まで遠征するの無理な自分には心に穴が開くような出来事なので若干ボーゼンとしております。
posted by 江戸Word at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ライブ・音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月17日

海の日にミッパンライブ(そのあと仕事直行)

約3ヶ月ぶりのmidnightPumpkinライブ参戦です。
3月のツアーセミファイナルは時間押してたせいか何だか食い足りなく、4月のイベントでは何と会場にパイプ椅子という思いもしない状態だったんですが今回のライブは完全燃焼できました♪

17:30開演でゲスト2バンド含む合計3バンド、19:30ごろにはミッパン登場!大体の持ち歌はほぼ披露してくれます。細かいことはまだ名古屋でもライブあるので控えますけど楽しかったヾ(゜▽゜)ノ

ライブ終了後には物販にもトランペットの2人が来てくれました、いそがしそうだったんでサインはねだらずに握手して貰いました、何気にメンバーさんと握手したのはじめて。

ライブの後のヘロヘロ状態、コンビニで「酸素水」発見。少しは疲労回復に効果あるかと思い購入し一口飲んでみる・・・
まずい、なんで水に甘みがあるんだよヽ(*`Д´)ノまずーい!

こっから↓は独り言。見たい人は反転させて下さい

ライブのラストにはメンバーが前方の客とハイタッチとかするのですがそんな中で自分も年寄りだしキモメンだけど自分よりも明らかに年寄りでキモメンないかにもハロプロとかAKB48のライブにいそうな感じのおっさんが「はるちゃんとの握手に成功したー」とか一緒に来ていた人と話しているのを聞いてしまったわけですよ。アイドルとは違うんだしそういう風にライブ見に来ないで欲しいんですけど、まぁ確かにはるちゃんカワイイですけどね。でもやっぱり違う、それならばベリーズ工房の握手会なりAKB48を秋葉原に見に行けばそれで済むはずの話、アイドル目的ならミッパン(はるちゃん)よりも人数いるしそうして貰いたいぞ、背のちっこい娘がいいにしても人数いるんだしそういう娘もいるだろうし。まぁ、僕も物販で握手して貰いましたけど(汗)。
posted by 江戸Word at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ライブ・音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月05日

midnightPumpkinのCD発売じゃあ!

It’s show time〜♪
名古屋のバンドmidnightPumpkin、略してMNPの新作CD「VEGA/CRYBABY」が発売となりましたぁ♪

・・・仕事とかでまだ聞けてない
聞いたら続き書きます(汗)

VEGA/CRYBABYVEGA/CRYBABY
販売元 : Amazon.co.jp 音楽
価格 :
[タイトル] VEGA/CRYBABY
[アーティスト] midnightPumpkin
[レーベル] インディペンデントレーベル
[種類] CD

>>Seesaa ショッピングで買う
posted by 江戸Word at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ライブ・音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月18日

高田馬場にて

今日は午後2時から世界経済共同体党事務所にて勉強会が、午後6時からは高田馬場クラブフェイズにてmidnightPumpkin主催ライブがあるので行ってきました。

世界経済共同体党の勉強会は今回開催分で第11回、タイトルには「新自由主義経済・グローバリズム経済・市場原理万能主義経済と、唯一神又吉イエスの世界経済共同体日本・世界経済共同体、そして堀江らのライブドア事件」という随分長いタイトルが使われましたが、基本的な内容はネ申が普段述べている「金が第一、金がすべて」の現在の社会の流れを変えなければならないというものでした。

ネ申は常々世界経済共同体党の理念は社会主義や共産主義とは違うと述べていますが、今のところどこがどう違うのかが僕には他の人に説明することが出来ない程度の理解しか出来ません、やはりネ申の考えることは中々理解が難しいと言うことにしておきましょう。

某所でネ申が「小泉チルドレンの中では片山さつきを褒めていた」という内容の表現がありましたが、これについてネ申に伺ったところ「小泉内閣の政策を批判しているのだから、当然小泉チルドレンを認める考えは無い、向こうが色々と質問してきたさいに、片山さつきは大蔵官僚だったわけだしTVなどでの発言を聞く限り、それなりに勉強はしてきていると述べたのみ」というような内容でお答えいただいたので、これを見た方にはネ申が片山さつき、小泉チルドレンなどを褒めるようなことはありえないということを熟知すべし

片山さつきが大嫌いな自分は友人との酒の席で「片山さつきとあんなのを国会に送り出した浜松市民などは肉骨粉にして“うなぎパイ”の原材料に混ぜ込んでやるか、うなぎの餌にでもしてやればよい」というような事を発言したので、そのことを話したところネ申は意外にも(?)苦笑しながら「それはかわいそうですよ」とまともな発言されておりました、選挙の時には「腹を切って死ぬべき」と過激な発言で知られているネ申ですが、何かのスイッチが入らない限りは温厚な人柄が保たれているようです。

勉強会の後はフェイズに移動してライブです、自分が会場前に着いた直後にチャット仲間も現地到着、ローソンチケットであらかじめチケを購入(整理番号4番)していた自分は先に会場内へと入っていきました。自分が呼ばれたのはバンド取り置きの引き換え4番目の人と同時に入ったわけで入場の際には自分以外にお客さんはまだ7人しかいない状態、なのでミッパン物販は並ぶ筈も無く快適にTシャツを購入 (v^-^v)♪しばらくしたら案の状行列出来たんで買うときにドラムのシンヤさんに「今日は(Tシャツ)着てないんですか?」と話しかけられてみたり、25日の名古屋でのツアーファイナル行けないんで「少し早いけれどお疲れ様でした」とゆったら、トランペットのハルさんに「名古屋来ないんですか?」言われたりして、メンバーさんと少し会話できるのもいち早く会場入りした者にだけ許された特権という感じでしょうか?後であれだけ並べば余計な言葉かける余裕なんてないもんな…

肝心のライブですが、去年のハロウィンと比べればそれでも飛躍的にマシですが会場は人大杉、セミファイナルのけちゃマニの時の客席の暴れっぷりはかーなーり危険でした、けちゃマニに関しては今回激しかったけど、東京ではそうでもないときもあるような気もするんで今回は相当数名古屋から東海道越えて出兵してきたのではないかと推測。

今回のライブの問題点は“時間押し杉”、本来5バンドのはずが2バンドも追加されたらそりゃあ時間も押しますよ。こういうのは前座で1バンドやる程度にしないと終電気にして肝心のところで帰らなければならない人、終電逃した人も辛いし、そういう目にあった人には追加のバンドさんに良くないイメージが無意識のなかにも植えつけられかねないので良くないですね、自分も終電がギリでした=( ̄。 ̄;A フゥ…

最後にミッパンがなかなか登場しないんで、チャット仲間と「(時間押しているから)どの曲削ろうか?とか緊急会議してるんじゃないの?」と考えられなくもないけれどそんなことは考えたくないことが思い付いてしまいます。そしてようやくミッパン登場!何故か会場には「萌え〜」と書かれたタオルを広げる人が…一体何を考えてるのかは謎でした。時間が押しているせいもあってか曲数的には多くやったと言うわけでもなくちょいと残念、sundogやVEGA聞いたのが随分過去の事に思える…。BOYS&GIRLSではサビ部分でも会場の振り付けの手の動かし方が間違ってみたりでCD発売の影響って大きいんだなぁとしみじみ実感。

なんだか名古屋は初のワンマンライブだし18切符の期間だし行きたいけれどもはやチケがソールドアウト…ただし狭いアポロシアターだから去年のハロウィンの時と同じ状態だとすると楽しむ余裕すらないだろうしなぁ…でも今更ながら行きたい…


posted by 江戸Word at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ライブ・音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月31日

2ヶ月連続で名古屋アポロシアター上陸じゃあ!

9月2日に続いて10月31日ハロウィンに名古屋アポロシアターにライブ見に行くなんてチャット仲間に拉致された時には予想もしていない事態になってしまったなぁと。

とりあえずアポロシアター人大杉、登場バンドは3つのうち1つが入れ変わっただけなのに人口密度が9月の時よりも圧倒的に多い!いやー凄かった、名古屋はギャルバン、スカの聖地みたく一部では言われてるみたいだけど名古屋でのライブって本当に熱いのね。

とにかく人口密度が高すぎてまともにスカダンスとか出来るような状況ではありませんでした。一番手バンドのムラマサ登場時のバービーガールが流れた時で物販でミッパンタオル(800円)を購入した直後だったりしたもんだから上の段で眺めることに、前の方にいける状況では無かったから。

二番手けちゃっぷmania、本日の主催バンドmidnightPumpkinが名古屋が地元なもんだから予想通りバンドの交代時に後ろに下がるお客さんが少なくてどんどん人口密度が高くなる状況、すげー酸欠で暑くて熱い客席でありました。名古屋が地盤と言えば民主党議員河村たかしだけど、名古屋の人って同郷の人に優しい土地柄なのでしょうか?
posted by 江戸Word at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ライブ・音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月15日

俺たちいつでもロックバカ!

朝起きて履歴書、職務経歴書、添え状作成していたら思いのほか時間がかかり封までした時にはかなり疲れていました、よって不合格は確実ではありますが明日の宅建の勉強も全くしないで時間が過ぎていきました。土日でも郵便窓口だけはやっている郵便局で配達記録郵便で履歴書などを出した後で千葉LOOKに向かいました、もはや勉強やる気ナッシング。

今日は千葉LOOKでニューロティカのワンマンライブがあるのです!
狭いLOOKでソールドアウト!満員で200人入るのが不思議だけどそれでも200人入る千葉LOOKでのライブはかなり人口密度高いことを覚悟することとなりました。周りでも「(千葉LOOKが)凄くせまい」とか言っているのがあちらこちらで聞こえるし千葉まで遠征した来た人やっぱり結構いる模様。

今年で21周年のバンドだけに客層は年齢が幅広いっす、女性客も割りと多いのですが僕からしても文字通り「おねーさん」と呼べるくらいの年齢層も結構いるので僕としても落ち着けます(苦笑)。若い人もいるけど30代もしっかりいるのがロティカの凄さです。

2時間あっという間に過ぎていきました、久々に「東京花火」聞けたし嬉しい♪この曲は昨年の20周年、今年の21周年でもパフィーの2人がゲストで来て歌っていたのであっちゃんが歌う東京花火は本当に久々です、つーかその前に聞いたのがいつかも思い出せないし。

「ひとつ、恋愛禁止」
「ふたつ、メール交換禁止」
「みっつ、お持ち帰りOK!」
posted by 江戸Word at 23:18| Comment(0) | TrackBack(0) | ライブ・音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月21日

SOMETHING(サムシング)

かかりつけの接骨院ではオルゴール調の音楽が流れています、音によるリラックス効果を得るためにしているそうです。いくら癒し系とはいえ一度オレンジレンジの曲がオルゴール調で流れたのを聞いたのは自分としては精神的ダメージでしたけど。
この前行ったときに流れていたのがサムシングのオルゴール調でした、やはり名曲。
サムシングを知らない人のために説明すると、ビートルズの後期の作品でシングルで発売された曲では唯一ジョージ・ハリスンが作った曲なのです。
フランク・シナトラをして「最高のラブソング」を言わしめた曲なのでこれを知らないという人は人生で少なくとも4分の1は損してることは確実なので一度聞きましょう、急いでビートルズの青盤ゲットすべしです。
ジョージの書くラブソングの歌詞は単に「好きだ、愛している」とかではなくてひねりがあると言いますか、想いがありながらも奥ゆかしさを感じられる結構日本人の美意識にも通ずる部分があるのではと思ってしまいます。
ジョージが来日した時のライブCDも見つけ次第購入すべきマストアイテム、これも聞かないで生涯を終えるのは大損ですのでご注意ください。
posted by 江戸Word at 06:42| Comment(2) | TrackBack(0) | ライブ・音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
過去ログ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。